無類の酒好き

高知県民はとにかく無類のお酒好きです。

米を多く生産している新潟県などでは同じようにお酒も作っていることから消費量が日本一なのも分かりますし、秋田も同じように高いですが、高知県はそこまで米を沢山生産していないにも関わらず、かなりの上のほうの消費量を誇っているのです。

それもやはり、話し合うことが好きな人同士が集まれば必然的にお酒の席となってくるようです。さらに言うと高知と言えばやはり鰹のたたきが有名ですので、それに合うものと言えばお酒です。

とにかく無類のお酒好きということがあり、四国の人の意識調査を以下のような質問をしたところ面白い答えが返ってきました。

「もしいきなり一万円があったら何をしますか?」という質問をしたところ愛媛は買い物、香川は貯金、徳島はそれを元手に手持ちのお金を増やそうとするという答えにたいして、高知はより具体的にお酒を飲むと答えるほど、お酒が好きなようです。

地元の人ほどお酒抜きでは高知県は語れないところ!といった感じです。そもそも四万十川をはじめとした清流があり、そこに山に囲まれた温暖差がお酒を作る上でもうってつけでかなりおいしいお酒を作れたりしますし、神事から流行した皿鉢料理でみんなで囲って、話し合い!という流れができているのです。

だからこそ幼いころからお酒を飲む父親がいて、それをまねする子供といって代々愛酒家となるのでしょう。

注目度NO.1
【Jメール】
真面目な出会い
【ピュアアイ】
圧倒的人気NO.1
【ハッピーメール】
近所出会いNo.1
【ワイワイシー】
Jメール ピュアアイ ハッピーメール ワイワイシー