土佐闘犬

土佐闘犬は怖いもの?と考えがちですが、知らないことも多いのではないでしょうか?

ここではしっかりと詳しく書いていきます。

まず生い立ちについてですが、高知県の特性上深い山中でのイノシシ狩りのパートナーとして使われていた日本古来の日本犬が土佐犬と呼ばれるようになりました。

そして、そこから世界で一番強い犬を目指して、品種改良をされていてどんどん大型化していきまして、秋田犬と並んで日本を代表する犬へとなっていったのです。怖いイメージがありますが、それは飼育しだいによっては非常に穏やかでほのぼのとしている犬でもあるので、昔から日本人にとってなじみの深い犬でもあるのです。

ですが、やはり根本的に大型の犬ですので力も強く縄張り意識も大変強く繁殖期には凶暴性もますので、女性が飼うのには向いていないかもしれませんし、咬傷事故になりやすいので十分注意しましょう。

戦うために生まれてきた犬です。

いろいろと批判もありますが、今は審判が激しいかみつきなどはダメとされておりますし、厳しいルールにのっとって大会が行われております。声を出したり、逃げたりした場合で判定されますのでイメージよりは比較的「闘う」という印象にはならないです。

土佐闘犬の歴史は古く14世紀から始まっています。始まりは藩士の士気を高めるためと言われており伝統ある競技?と言えるものです。

この時代ではいろいろとバッシングもありますが、歴史あるものなのです。

注目度NO.1
【Jメール】
真面目な出会い
【ピュアアイ】
圧倒的人気NO.1
【ハッピーメール】
近所出会いNo.1
【ワイワイシー】
Jメール ピュアアイ ハッピーメール ワイワイシー