皿鉢料理

皿鉢料理の歴史は古く、江戸時代までさかのぼります。

昔は神道が日本の宗教で多く広まっており、神事の際の儀式食とされておりました。

五穀豊穣を祝い、祈願祭や収穫を感謝するときの神前に食材が供えられておりました。
皿鉢(さわち)意外にもいろいろな呼び方があり、サハチ、サアチ、サラチ、サーチなどの呼び方がありますが、近年では「さわち」が呼び方として代表的です。

はじめのころは庶民のものには手の届かない高級品とされ一部の武家や商人といった本当に一握りのものにしか食されていない宴会料理で一種のお金持ちのバロメータ的な扱いだったそうです。

しかし、今では祝い事であったり、一つのさらに多くの料理を分け合って食べることにより、仲間意識などや仲を深めるために使われるようになったいわば、コミュニケーションの場での宴会料理とされていたり、誕生日会であったり、婚礼や還暦などの祝い事に使われております。

皿鉢料理の基本は「生(なま)」と「組みもの」と「すし」の三つが基本で皿鉢料理となります。

なまとは刺身のことを言い、鯛の活け作りや鰹のたたきといったものを乗せます。横には煮物料理や卵焼きや揚げ物を添えて巻きずしなどを乗せるのが一般的です。

その家ごとにいろいろと特徴や個性があるのです。
家庭でも親戚一同が集まって食べたりして一家団欒の中にあります。皿鉢料理の周りには笑顔が絶えません。

注目度NO.1
【Jメール】
真面目な出会い
【ピュアアイ】
圧倒的人気NO.1
【ハッピーメール】
近所出会いNo.1
【ワイワイシー】
Jメール ピュアアイ ハッピーメール ワイワイシー