カツオのたたき

カツオのたたきは高知の代表的な郷土料理として有名です。

黒潮の恵み豊かに育ったカツオが土佐湾にはいったところを漁師が一本釣りしています。

古くは平安時代からこのカツオというのは献上品として存在していたのです。

なぜ、この料理が誕生したのかは実はまだ定まっておらず、純粋に漁師のまかない料理から創意工夫で今に発展していったという説と鰹節がを作るときに余った皮つきを串にして焼いたところから生まれた説や、当時の土佐藩主、山内一豊が食中毒防止のために生のカツオの刺身を禁じたために料理人が表面のみを焼いて焼き魚として提供していて領民が食べていたことから誕生したと言う説など、寄生虫を殺すためなど多くの説があります。

実はこの料理方法は全体を軽く炙ることによって余分な脂がなくなり、味が濃厚になりますのでよりおいしく食べられるようになるのです。

鰹は基本的に血合いの部分に栄養が集中しており、特に女性に必要とされている栄養素が豊富にそろっております。
良質なたんぱく質をはじめとして、疲労回復に効果的なビタミンB1や血液をサラサラにしてくれます。

さらにニンニクや生姜との相性も抜群にいいのでカツオのたたきにすると成分を凝縮して外に逃さないようにもできます。
一緒に添えられているオニオンスライスなどの相性も抜群です。

栄養満点の料理と言ってもいいでしょう。

鰹の消費量も高知県が全国でも断トツのNo.1ですので、土佐造りとも呼ばれているのです。地方によってこだわりが工夫があります。まさに高知県の人は誰からも愛されていますし、県外からも愛されている料理と言えるでしょう。

魚嫌いなお子様にも人気が高いです。

注目度NO.1
【Jメール】
真面目な出会い
【ピュアアイ】
圧倒的人気NO.1
【ハッピーメール】
近所出会いNo.1
【ワイワイシー】
Jメール ピュアアイ ハッピーメール ワイワイシー