地酒

酒の国「土佐」と呼ばれるほど、何かとお酒の席での付き合いが多いのが、高知県ではあたり前の光景です。

そもそも高知では皿鉢料理という料理が代表されるようにとにかく、海千山千の幸をたっぷりと使った新鮮な料理が豊富にあります。うまい料理があるところにうまいお酒があるのが世の常でもともと高知県民の人は大酒のみの方も多く昔からみんなで多くのことを語りあったり、議論するのが高知県と言ったところです。

その伝統も古く江戸時代から続いており、幕末の四賢候の一人、山内容堂をはじめとして、坂本龍馬などの有名人や幕末の志士なども酒を酌み交わしていたとされております。

今では東は田野町~西は宿毛町まで大体20か所の蔵元があり、それぞれ味を磨き合っております。本来、蔵元といえばそこまで仲がいいものではないのですが、高知県民では交流も多く深く行われており、新酒の飲み比べなども行われているのです。

土佐から始まり、高知県の人々の中ではお酒は一種のコミュニケーションを図る大事な役割を果たしていたのです。

そんな高知県のお酒の年間消費量は5,454,000リットルで一人当たりに換算すると8.43リットルです。
これは米の多産地方じゃないところでは上位に食い込んでいます。

いろいろな地酒もあり、中には高知の名産「ゆず」を使った地酒もあります。飲み比べして、出会い系などを通じで知り合った相手と思いっきりコミュニケーションをはかりましょう。

注目度NO.1
【Jメール】
真面目な出会い
【ピュアアイ】
圧倒的人気NO.1
【ハッピーメール】
近所出会いNo.1
【ワイワイシー】
Jメール ピュアアイ ハッピーメール ワイワイシー