芋けんぴ

芋けんぴを食べたことがないという人は高知県ではいないと言えるほど、庶民では古くから愛されている伝統のおやつです。

さつまいもを細長くきって油で揚げて、砂糖や蜜を絡めただけといういたってシンプルな食べ物ですが、手軽に食べられて、手間もかからず栄養も豊富でもち運びにも便利ということもあり、江戸時代中期ごろから作られており、爆発的に広まったとされております。

硬い触感にも関わらず、簡単に折れてカリカリとした食感を味わえるのが何よりも魅力的で熱いお茶と一緒に食べるのが一般的な食べ方と言えるでしょう。

誰もが幼いころに食べて、子供などに与えて親子代々にわたって受け継がれている非常になじみ深い食べ物です。

ここ最近は非常にバリエーションなども豊富で地元のさつまいもだけでなく、紅小町や村崎芋などでも作られております。あまた、四万十川の名産のしまんと青のりや柚子、ゴマ、塩などと言った味にも様々な種類が加わっております。

自然派のお菓子なので意外とヘルシーで健康的です。

ケンピの名前のはじまりは土佐に古くから伝わるもので、そもそもスティック状の細長い星がしをケンピといい、芋から作られたケンピなので、芋けんぴ!と呼ばれるようになったのです。

注目度NO.1
【Jメール】
真面目な出会い
【ピュアアイ】
圧倒的人気NO.1
【ハッピーメール】
近所出会いNo.1
【ワイワイシー】
Jメール ピュアアイ ハッピーメール ワイワイシー